アフリカ国家を再考する - 川端正久

川端正久 アフリカ国家を再考する

Add: sykudy65 - Date: 2020-12-09 10:16:10 - Views: 5366 - Clicks: 5941

『 川端正久・落合雄彦』晃洋書房, 104–131. アフリカ 川田順造著. , University of KwaZulu-Natal Press, ) のうち、*第1章*("Scrambling for Africa?

日本国際政治学会; 日本平和学会 単行本 『アフリカ国家を再考する』 龍谷大学 社会科学研究所叢書 第65巻、川端正久・落合雄彦編 晃洋書房 isbnのうち「第15章 南アフリカにおける核開発政策と国家の民主化」を、藤本が執筆。. 遠藤貢「崩壊国家と国際社会――ソマリアと『ソマリランド』――」(川端正久・落合雄彦編『アフリカ国家を再考する』晃洋書房 p131~152,年. 戸田 真紀子/著 民主主義がアフリカ経済を殺す :. アフリカにおける紛争解決の現状と課題 アフリカにおける紛争解決と安全保障 / 川端正久 著: 部分タイトル: コンゴ民主共和国における紛争解決の難航 / 武内進一 著: 部分タイトル: モザンビークにおける紛争解決の現状と教訓 / 舩田クラーセンさやか 著. 巻頭言 あらためて「南北問題」を考えよう ・・・峯 陽一/吉田 敦 依頼論文 1.21世紀のアフリカの貧困 現金移転から社会連帯政策へ ・・・大林 稔 2.複合格差を移動する 湾岸産油国で家事労働者として働くフィリピンのムスリム女性・・・石井正子 3.対アフガニスタン支援の様々な側面. 南アフリカ共和国ナタール州の黒人間武力衝突 林晃史著. 『アフリカ国家を再考する』(川端正久・落合雄彦編、晃洋書房、年のうち、第1章・3章・14章)(担当;中山)? , University of KwaZulu-Natal Press, ) のうち、*.

アフリカ 小原秀雄 ほか 編著, 講談社, : 7. Book 「アフリカ国家の分権化とパートナーシップ」『アフリカ国家を再考する』(川端正久編). 「 アフリカ国家の変容と「新しい帝国」の時代」川端正久・落合雄彦(編著). 川端 正久(かわばた まさひさ、1944年 5月2日 - )は、日本の政治学者。 龍谷大学 名誉教授。 専門は 国際政治学 、アフリカ政治論 2 。. アフリカの庶民にとって国家とはなにか 日野. アフリカ国家を再考する / 川端正久, 落合雄彦編 龍谷大学社会科学研究所叢書 65巻 著者: 落合, 雄彦(1965-) 川端, 正久(1944-) 出版者: 晃洋書房 () 関連あり. 遠藤貢「ソマリアにおける「紛争」と国家形成をめぐる問題系」佐藤章編『アフリカ・中東における紛争と国家形成』調査研究報告書 アジア経済.

地域に内在し世界を構想する JCAS Review 地域研究 Vol. ①『アフリカ国家を再考する』(川端正久・落合雄彦編、晃洋書房、年のうち、*第1章・3章・14章* ②"A New Scramble and Development? 川端正久・武内進一)(年、ミネルヴァ書房)、『アフリカの紛争解決と平和構築 シエラレオネの経験』(年、昭和堂)、『アフリカと世界』(共編者:川端正久)(年、晃洋書房)、『アフリカ・ドラッグ考 交錯する.

アフリカ フォーマット: 図書 責任表示: 小川了著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 農山漁村文化協会,. 川端, 正久, アフリカ国家を再考する - 川端正久 1944-Kawabata, Masahisa, 1944-. アフリカ : 国民国家の矛盾を超えて共生へ 北川勝彦編, 大月書店, 1999: 10. マンデラの南ア : 日本の対応 天木 直.

『アフリカ国家を再考する』 龍谷大学 社会科学研究所叢書 第65巻、川端正久・落合雄彦編 晃洋書房 isbnのうち「第15章 南アフリカにおける核開発政策と国家の民主化」を、藤本が執筆。. 人類学、アフリカ地域研究 / 東アフリカの低強度紛争と平和維持、牧畜社会と近代国家の関係史 /. 研究者「高橋 基樹」の詳細情報です。j-global 科学技術総合リンクセンターは研究者、文献、特許などの情報をつなぐことで、異分野の知や意外な発見などを支援する新しいサービスです。またjst内外の良質なコンテンツへ案内いたします。.

21世紀はアフリカの時代である。繰り返される紛争の背景には何が潜んでいるのか。本. 大林稔編『アフリカの挑戦――nepad(アフリカ開発のための新パートナーシップ)――』、昭和堂、年。 川端正久・落合雄彦共編『アフリカ国家を再考する』、晃洋書房、年。. 第2版 小田英郎 ほか 著, 自由国民社, 1999: 9. : Imperialism, Investment and Development" (Southall, R. 川端正久・落合雄彦(編)『アフリカ国家を再考する』晃洋書房、年 渋谷望『魂の労働-ネオリベラリズムの権力論』青土社、年 土佐弘之『安全保障という逆説』青土社、年 真島一郎「中間集団論-社会的なるものの起点から回帰へ」. 【最安値 5,280円(税込)】(9/21時点 - 商品価格ナビ)【製品詳細:書名カナ:アフリカ コッカ オ サイコウスル|著者名:川端正久、落合雄彦|著者名カナ:カワバタ,マサヒサ、オチアイ,タケヒコ|シリーズ名:龍谷大学社会科学研究所叢書|シリーズ名カナ:リュウコク ダイガク シャカイ. 「崩壊国家と国際社会:ソマリアと『ソマリランド』」川端正久・落合雄彦編『アフリカ国家を再考する』、晃洋書房、年、131~152ページ。 「『暴力の文化』から和解へ:新生南アフリカにおける政治実践をめぐって」『海外事情』53巻4号、年、36~48ページ。. 戸田真紀子()「国家がつくる紛争:国民を守らないのはなぜか」川端正久・落合雄彦編『アフリカ国家を再考する』晃洋書房。 Toda Makiko () “Culture and Participation of Marginalized People in Development: A Case Study of Rights of Women in North-Eastern Kenya.

川端正久 『アフリカ人の覚醒』 - JATA Tours 年3月1日川端正久著「アフリカ人の覚醒ータンガニーカ民族主義の形成」(法律文化社)である。著者はアフリカ現代政治史の第一人者であり、特にタンザニアと南アが専門である。. アフリカ : 第三の変容 大林稔編, 昭和堂, 1999: 8. 地方開発戦略は、従来の農村開発戦略に代えて、多様なセクターの活動が関われる空間として「地方」の意味を規定し直し、地域住民の生活実態から開発戦略の形成を模索する意図を以って形成された戦略である。かつては北欧諸国が採用した時期もあったが、1990年代末から衰退している. 「 アフリカにおける食糧問題と政府の役割:マルサス的危機の克服のために」 『 国際開発研究』15(2): 65. 佐川 徹 「東アフリカ牧畜社会の小型武器と武装解除」川端正久・武内進一. 1 総特集|アフリカ 〈希望の大陸〉のゆくえ 座談会落合雄彦・島田周平・高橋基樹・松田素二・遠藤貢 特集1|変貌するアフリカ 川端正久/栗田禎子/津田みわ/井上一明/松本尚之. 「アフリカ国家論:フランス語圏からのアプローチ」、川端正久、落合雄彦編『アフリカ国家を再考する』、晃洋書房、年 「アフリカにおける国境と国家」、押村高編『越える―国境なき政治の予兆』、風行社、年. 10 形態: 278p, 図版 8.

"A New Scramble and Development? ・「モザンビークにおける紛争解決の現状と教訓」川端正久(編)『アフリカの紛争解決―経験と展望―』ミネルヴァ書店、年、(3章)61-90項 ・「変貌するアフリカ市民社会と日本の私たち」峯陽一・武内進一・笹岡雄一(編)『アフリカから学ぶ』有斐閣、年、(14章)367-398項. 70 川端正久, 落合雄彦編 アフリカ国家を再考する 晃洋書房、年 3120:923a 71 佐藤章編 アフリカの「個⼈⽀配」再考 : 共同研究会中間報 告 ⽇本貿易振興機構 アジ ア経済研究所、年 3120:930 72 津⽥みわ編 アフリカ諸国の「⺠主化」再考 : 共同研究会中間 報告. アフリカ国家を再考する 川端正久・落合雄彦編 晃洋書房 ¥5,040 A5判 389p 年3月 amazon アフリカとアジア―開発と貧困削減の展望 高梨和紘編 慶應義塾大学出版会 8400円 A5判 476ページ 年4. 現代アフリカの紛争と国家 : ポス. タンザニアと日本のoda 川端正久著.

『アフリカ国家を再考する』 川端正久(法学部教授)・落合雄彦(法学部教授)編 アフリカ諸国が独立を達成して半世紀、岐路に立つアフリカ国家が内外で再考されている。. 川端 正久(かわばた まさひさ、1944年5月2日1 - )は、日本の政治学者。龍谷大学名誉教授。専門は国際政治学、アフリカ. サハラ以南アフリカ. ポール・コリアー. アフリカ人復員兵士が果した民族主義運動における役割 吉田昌夫著. アフリカ国家を再考する 川端 正久・落合 雄彦編 ¥5,040(税込) 389p 晃洋書房 (年3月) 【目次】 第1章 アフリカ国家論争を俯瞰する(川端正久) 第2章 アフリカ国家論:フランス語圏からのアプ. 「アフリカ国家の変容と「新しい帝国」の時代」 川端正久・落合雄彦編 『アフリカ国家を再考する』 晃洋書房, 104-131.

Pontaポイント使えます! | 紛争解決 アフリカの経験と展望 アフラシア叢書 | 川端正久 | 発売国:日本 | 書籍 || HMV&BOOKS online 支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!. 中古本を買うならブックオフオンラインヤフオク!店。まとめ買いで更にお得に!! タイトル アフリカ人の覚醒 タンガニーカ民族主義の形成 作者 川端正久 販売会社 法律文化社/ 発売年月日 /12/ご入札する前にご確認いただきたいこと. 川端, 正久(1944-), 武内, 進一, 落合, 雄彦(1965-) ミネルヴァ書房 6 図書 現代アフリカと開発経済学 : 市場経済の荒波のなかで. 2)川端正久・落合雄彦編()『アフリカ国家を再考する』晃洋書房 国家を軸としたアフリカ政治の論集。 3)武内進一編()『現代アフリカの紛争―歴史と主体』アジア経済研究所 アフリカの地域紛争についての代表的な研究。. 佐川 徹 「自動小銃は社会を無秩序化するのか-東アフリカ. 川端正久,武内進一,落合雄彦編『紛争解決――アフリカの経験と展望』ミネルヴァ書房 年6月) 「脆弱国家」支援と国際援助協調の課題・・・佐藤千鶴子 (稲田十一編『開発と平和――脆弱国家支援論』有斐閣 年9月).

川端正久 「アフリカ国家を再考する」 晃洋書房 佐藤章 「統治者と国家:アフリカの個人支配再考」 アジア経済研究所 yiky:59. 川端氏の報告は、アフリカ研究における崩壊国家論を前提として、アフリカ国家の再建・再構築のビジョンについて考察するものであった。川端氏は、アフリカを代表する知識人の一人マズルイが提示した処方箋の内容などを紹介したうえで、具体的には. ” 『天理大学地域文化研究センター紀要 アゴラ』No. 川端 正久(かわばた まさひさ、1944年5月2日1 - )は、日本の政治学者。龍谷大学名誉教授。専門は国際政治学、アフリカ政治論2。. アフリカ国家を再考する: コミンテルンと日本 : 1919年3月-1922年1. 「紛争」と「平和」の陥穽「紛争の大陸」から「平和の大陸」へ。紛争予防、平和構築を実現するには何が必要か?人びとの暮らしを脅かす多様化する「暴力」。国家や社会の安定、人びとの安全を求め、アフリカの安全保障課題にさまざまなアプローチから迫る。《執筆者一覧》落合雄彦. 「アフリカにおける食糧問題と政府の役割―マルサス的危機の克服のために」 『国際開発研究』 15(2): 65-80. 武内 進一/著 アフリカ国家を再考する 川端 正久/編,.

紛争解決アフリカの経験と展望 (アフラシア叢書)/川端 正久/武内 進一/落合 雄彦(社会・時事・政治・行政) - 21世紀はアフリカの時代である。長年繰り返される紛争の背景には何が潜んでいるのか。紛争事例からこれまでアフリカが歩んできた道をたどり、紛争と. a01 国家 と制度; a02 政治.

アフリカ国家を再考する - 川端正久

email: sihuvisi@gmail.com - phone:(406) 703-5478 x 7094

フルーツ・パフェ - 伊藤康英 - 恐竜のなぞ 恐竜の戦いとくらし

-> ドラゴンクエスト10 オンライン 激動たるアストルティア 3rd Anniversary Fun Book - Vジャンプ編集部
-> アニメ〈物語〉シリーズヒロイン本 - 講談社BOX

アフリカ国家を再考する - 川端正久 - 蒼き鋼のアルペジオ Cadenza コミックアンソロジー


Sitemap 1

チャイルドブック・ぷう 2008.4 - ソニーを創ったもう一人の男岩間和夫